検診のために行く

頻繁に訪れるべき

歯医者は、病気を治療するだけの場所ではありません。
病気にならないように予防したり、口内で気になることを医師に質問したりできる場所です。
特に気になることがなくても、定期検診に訪れましょう。
すると自分では気づかなかった病気に、医師が気づいてくれるかもしれません。
初期の段階で治療すれば歯を削るだけで済み、負担を削減できます。

また定期健診の際に歯のクリーニングをしてもらったり、フッ素を塗ってもらったりできます。
歯垢や歯石は歯ブラシでは落とせないので、歯医者で落としてもらってください。
そのままにすると、虫歯菌のエサになって病気を発症してしまいます。
3か月に1回は歯医者に行けるよう、スケジュールを調整しましょう。

歯が抜けないように

虫歯や歯周病などの病気が悪化すると、歯が抜ける事態に発展します。
すると入れ歯や差し歯を使いますが、見た目が悪いと感じるでしょう。
それこそ老けて見られるので、いつまでも若々しくいたいなら、歯をなくさないよう大事にしてください。
失った歯をインプラントで取り戻す方法なら、見た目が綺麗になります。
しかし保険を適応できないので、かなり高額な出費になると忘れないでください。

やはり、いつまでも自分の歯を維持した方が良いです。
そのために、自宅から近いところにある良い歯医者を探しましょう。
どんなに優秀で評判が良い歯医者でも、遠いと行くのが難しくなります。
次第に面倒になり、定期健診にも行かなくなるので近場を選んでください。


この記事をシェアする
TOPへ戻る